【アーカイブ】社長ブログ

こしがや産業フェスタ

カテゴリ:私・思うこと 執筆:k-miwako 2013-11-30 20:51
今日と明日の2日間、こしがや産業フェスタが開催されます。今までも参加してきましたが、社員有志の参加でした。しかし、今年は会社としての取り組みです。当社は越谷での販売もありますが、直接越谷のお店に納品するわけではなく、各スーパー、顧客の物流センターに一括納品をしているために
地域との関わりが浅い状況です。
色々な勉強をする中で立地する地域との関わりをもっと持たなければならないと思いました
そこで、今年は地域で企業発信をしようと会社の取り組みとして参加します。今まではやきそばを焼いて販売してきましたが、今年はプラス、当社の今期の新商品イタリアの生スパゲティの機械で作った生スパゲティと美味しい自社ソースを使用したスパゲティと自社のクリタ農園で育てたカブとさつまいもの販売をすることにしました。
今日は、私は参加することが出来ませんでしたが、何か新しい発信ができたものと思います。明日は私も社員たいと一緒に参加したいと思います

               調理麺と惣菜を創造する
               クリタエイムデリカ
               栗田美和子

88歳のボーイフレンド

カテゴリ:私・思うこと 執筆:k-miwako 2013-11-26 13:35
先週は岡山牛窓出身の88歳のボーイフレンドとその奥様、そして、友人数名で白金のプラチナ通りから少し外れた「白金劉安」でランチをしました。
88歳でとてもお元気で、お住まいの逗子から奥様とご一緒においでいただきました。彼は今回、第6高等学校時代の本(今でいう部活を中心とした)を友人と出版なさいました。その部活は今なら自動車部でしょうか、そのお話を聞く目的で企画されました。
彼の第6高等学校時代は第2次世界大戦の時、そして終戦の混乱の時期でした。
今の学校生活とは違い、夢と波乱でワクワク、フーム、ナルホドと思う内容です。学校自体が全寮制で学部ではなく、部活ごとで部屋を分けられたこと、国が全寮を火災の可能性から反対したにも関わらず、若干30歳前半の学校長が責任を取ると断言し何かあれば「腹を切る」といって、学校の風土を守り切り、お寺を寮にしてしまうこと破天荒さが面白かった
戦時中の学徒動員、広島の原爆投下のこと、終戦後の混乱、を部活の自動車部の視点から書かれたものでした。
ちょうど、自動車が国内に入ってきたばかりの時代に戦争がはじまり、いろいろな情報がない中で、いろいろな学びから情報をつなげいった苦戦が描かれていました。
まず、驚いたのはこの本にかかれた資料の多さです
戦後65年以上たっている中でまとめられたこと、戦後の混乱時保管されたことに感心してしまいました。
88歳を楽しむボーフレンドを持てた、人の出会いに感謝します

                 調理麺と惣菜を創造する
                 クリタエイムデリカ
                  栗田美和子

伊勢神宮の参拝事例

カテゴリ:私・思うこと 執筆:k-miwako 2013-11-26 13:25
伊勢神宮行きましょう。
第62回遷宮(20年に1度)の伊勢神社に参拝に行かれる方が多いと思います。そこで。参拝事例を私なりにご紹介します。まずは名古屋に行きましょう。
? 二見浦興玉神社参拝: 名古屋からは近鉄特急(1時間に2本)かJRの快速みえ(1時間に1本)です。お時間が取れるようでしたら、最初に二見浦興玉神社に行きましょう。ここは、昔から禊(みそぎ)をこの神社の前の海で行い伊勢神宮にお参りに行ったそうです。JRか近鉄伊勢市駅(相合乗り入れ駅で乗り換えが出来ます)からJRで1つ目の二見浦(快速みえの他にワンマンカーが1時間に1本が停車)に降ります。駅(無人駅)にはタクシーはありません。
真っ直ぐ参道を歩いて直進します。右手に海が見えて突き当りに二見浦興玉神社です。(駅から徒歩15分位)、参拝して道なりに行くと二見プラザ(観光館)があります。ここでタクシーを呼ぶことが可能です。(タクシーの外宮に直接も近いです。)伊勢市駅に戻ります。JRは快速以外にワンマンカーが1時間に1本あります。時間が余ったら駅横の二見浦茶屋のコーヒーが美味しいです。(ランチもお勧め、手作りコロッケ絶品)。
? 外宮参拝: 伊勢市駅に戻り、参道を歩き外宮に行きます。火除け橋に右横の守衛室に外宮と内宮の案内図がありますので手元に1部あると便利です。左側通行の橋前の鳥居で一礼して進み、御手洗場でお浄めし、正宮で参拝します。(正宮の右横に古い正宮があります。)時間あれば風宮、多賀宮に参拝も良いです。しかし、遷宮で内宮が大変混んでいますので正宮のみのお参りが良いと思います。外宮前の信号を渡った右の循環バス(タクシーは駅まで戻らないといないです)に乗ってください。(内宮まで片道400円)
※ お浄めは柄杓に1杯の水で左手、右手、左手に水を取り、口を濯ぐ、柄杓を洗う。
? 内宮参拝: 内宮に近づいて、猿彦神社あたりの渋滞を見て、混んでいたら次のバス停の会館前で降りてください。ここから左に入るとおかげ横丁に行き、そこからお祓い町を歩いて内宮に行きます。(約10分間)内宮は右側通行です。まずは宇治橋の入り口で一例をして橋を渡ります。御手洗場でお浄めをします。(正式は五十鈴川の御手洗場で手を洗います。)そして、お勧めは神楽殿のところでお祓いを申込みます。それぞれの社殿に上がり、一人一人の名前とお札がいただけます(御撰食5000円から、お神楽15000円からです。)その後、正宮に行き2礼2拍1例をします。右横に遷宮前の正宮があります。道なりに戻り、時間を見ながら色々とご参拝ください。時間があれば遷宮館の見学がお勧めてです。さらに、宇治橋の西詰北側二本目(最後からの2本目)の擬宝珠(ぎぼし)の中には、橋の安全を祈って饗土橋姫(あえどはしひめ)神社の萬度麻(まんどぬさ)が収められています。この擬宝珠(ぎぼし)に触れて帰ると、また参拝に訪れる事ができると言われています。しっかり手で撫でてください。他より光っているのでわかります。
最後に鳥居をくぐって一礼をしましょう。
? おはらい町とおかげ横丁:参拝が終わって時間があればお祓い町とおかげ横丁で散策を楽しんでください(1時間は楽しくお店をのぞきながら散策出来ます)伊勢うどんの美味しいお店やここだけの日本酒(白鷹:純米酒)を立ち飲み出来るお店、松坂牛コロッケ、伊勢湾で捕れた魚の干物を店頭で試食できるお店などがあります。少数団体で行動するのであれば、入り口そばの岩戸やで前もって昼食を予約すると昼食を予約すると荷物を預かる交渉可能です。内宮の参道の砂利道ですので、キャリーバックの移動が難しいです。または、伊勢市駅のコインロッカーに預けるといいですね。(外宮の参道も砂利道です。)特にお勧めは赤福本店横からのおかげ横丁です。イベントスペースや占い、小劇場などがありワクワクする商店街です。昭和30年代のお祭り時の富山総曲輪アケードを思い出す商店街です。
 帰りは内宮前のタクシー乗り場から伊勢市駅前に戻ると楽です。
是非、ご利益(ごりやく)をたくさん富山にお持ち帰りください。
                    調理麺と麺を創造する     
                    クリタエイムデリカ
                    栗田美和子