【アーカイブ】社長ブログ

陸前高田仮設住宅に住む82歳おばあさん

カテゴリ:私・思うこと 執筆:k-miwako 2012-02-28 21:30
今回の陸前高田訪問でいろいろな感動がありました。
82歳のおばあさんとの出会いは衝撃でした
陸前高田の友人の伯母さんにある方です。友人のお姉さんが病で倒れた時に看病を取った方です。
その後一人暮らしで津波から近所の方の援護で逃げたそうです。しかし、お姉さんを連れて連れ出した方は、自分の家族を探しに行き津波で命を失ったそうです。友人の奥さんを含め、今回の津波で7人の近い親戚がなくなったそうです。
陸前高田第一中学の仮設住宅、私が最初に友人を探しに来たところです。あの時は自衛隊の車が並んだ校庭には仮設住宅が並びます。
おばあさんの家は4畳半の部屋に1畳半の押入れとトイレとユニットバスにキッチンです。4畳半の部屋には段ボールで作ったベット、炬燵になぜかハロゲンヒーター(少し危ないかなあ)テレビ、棚には位牌と慰霊が並んでいました。

被災後に避難所として進められて沢内村で過ごしたそうです、その沢内村で感動する村の高齢者を身近に見て、避難所生活の間に木工制作を教えて頂いたそうです。
体験した中で木工はミシンと同じ、私もできると思ったそうです。いろいろと支援されているだけではなく、できることをすると決めてチャレンジをなさっています。今は1周忌が近づき、祈り人形や、いろいろな感謝を伝える小さな人形を作っていまいした。一人だけではなく同じ仮設住宅に住む高齢者を誘いグループで作っていました。また、体験した木工政策から4月になったら習い、整理ダンスを作ると顔を輝かせていました。
私はこのおばあさんのお兄さんに1度お目にかかったように思います。事業主として多角展開なさった方です。彼女に同じDNAを感じました。
彼女たちの制作したものは売ることができるように思います。

もう少し考えて何かしたいと心から思うおばあさんのパワーです。

このような考え方は生きるたつ位置をしっかり見据え、自分の人生に責任を持った素晴らしさを感じました
             
                調理麺と惣菜を創造する
                クリタエイムデリカ
                栗田美和子              

陸前高田 ? シャリール

カテゴリ:私・思うこと 執筆:k-miwako 2012-02-26 11:31
陸前高田 シャリールは秩父の島崎洋子さんが社長をする会社で、震災から物資の支援とその後の交流をしている会社です。
島崎さんとは23年前に埼玉県の女性経営者の会で出会い、素敵な先輩として交流をしています。
今回は前回に伺った時にキャノン電子工業酒巻社長が寄付なさった小さな図書館見学です。今回、一緒に行った友人が本の寄贈をしていたこともあり、訪問しまいした。
社員52名で震災後割合早く復旧した工場です。
今回も軽やかなミシンの音が工場内に心地よくあふれていました。
前回はアバンティの渡邊社長からの依頼のクリスマス飾りを手縫いする地元のおばさんたちがいましたが、また、何か始まるそうです。
この工場長とは翌日の普門寺でばったり、奥様の兄弟の1周忌でした。

もうすぐ1年、先週末から1周忌が始まりまったとのことです。

シャリールさんの震災と震災後のお話を伺いました。
工場長は会社判断として縫製後の下着を無料で避難所に配ることを進めてくれた会社に対しての誇りを話の中に感じました。
ドラム缶で木を燃やす暖をとったこと、会社の入り口で従業員の家族を集め生活したことなど伺いました
企業の社会貢献はとても大切なことです。

                 調理麺と惣菜を創造する
                 クリタエイムデリカ
                 栗田美和子

陸前高田にて

カテゴリ:私・思うこと 執筆:k-miwako 2012-02-26 11:16
何度めか訪問を先週金土曜日に行きました。
今回は個人的な友人たちと3人で訪問しました。
友人たちのテレビだけではなく行っていいなら一度行きたいとの思いから企画でした。
前回に訪問した以上の感動の連続でした。

出発3日前に予約依頼した陸前高田付近の民宿に予約が入っていないの連絡が入りドキドキ、しかし、民宿「むさし」さんの勘違い、判明したのが宿泊日の19時、宿泊地を陸前高田の友人が民泊を依頼し、夕食を食べに行く寸前でした。結局、夕食は民泊予定で大塚さんで、宿泊は民宿「むさし」でした。しかし、これも大塚さんご夫婦との出会いの為にあったと思います。

この2日間でいろいろなお話と訪問でした。
? けんかたなばたの世話人の菅野豪さん 七夕の竹の準備をなさっていました。
? 陸前高田地域振興公社 小山社長の自宅訪問
? ピアノ教室の大塚ご夫妻
? 民宿「むさし」武蔵多恵子さんのお話
? kinokoの佐藤社長のお話
? シャリール工場長のお話
? 諏訪神社
? 八木沢商店のお母さんとの出会い
? 普門寺の訪問
? 津波で家を流された田崎飛鳥さんの家族
? 仮設住宅で独り暮らしの佐藤ヒデさん82歳

ひとつひとつで3.11に起きたこと、命を継続できた瞬間の出来事。そして今何をしようとしているか
多くのお話を聞きました。
少しずつ記憶として記載したいと思います

             調理麺と惣菜を創造する
             クリタエイムデリカ
             栗田美和子

シュガーアンドスパイス の中村敬子社長+親友とランチ

カテゴリ:私・思うこと 執筆:k-miwako 2012-02-04 21:24
年賀状からスタートでシュガーアンドスパイス の中村敬子さん+親友でランチを渋谷のセルリアンタワー東急ホテルにあるスーツアンレストラン陳で美味しい中華しました。
女3人年齢の近く、お互いに経営に関わる立場です。
色々な話をしながら2時間半が短く感じました。
私にとっては。今取り組みえおしているエコアクションの収得を行い継続を努力している会社の社長です。
中村さんの会社は外国人のお子さんをモデルとして紹介なさる仕事です。
エコアクションの継続は大変だけど、従業員と共有する価値は十分にある。こんなお話を伺うことができました、多々、収得にはいろいろな取り組みをしなければならない状況が発生していますが、努力し従業員と一緒に取り組みたいと思います。

                調理麺と惣菜を創造する
                クリタエイムデリカ
                栗田美和子

当社ホームページバックアップの松倉 卓氏の訃報

カテゴリ:私・思うこと 執筆:k-miwako 2012-02-04 21:06
当社のホームページのバックアップをしていただいていたマーケティングコミニュケーションの松倉卓氏は2月1日に癌で65歳の生涯にピリオドを打ちました。
私にとっては当社にバランススコアカードの導入に尽力いただきました。専修大学で講師を専任講師を務められ、何度もセミナーに参加させていただきました。
例年通り、東京中小企業家同友会の経営指針成文化セミナーでお目にかかった時に極端にお痩せになりびっくりしましたが、三浦海岸でマホロバでの研修に参加し、終了日にいつもの居酒屋に行き一緒に食事し、元気になってきなあと安心していました。
来週に葬儀に出張が入り、参列できないための本日、お別れに斎場に行きました。

とても安らかなお顔でした、
ご冥福をお祈り申し上げます
ありがとうございました。

              調理麺と惣菜を創造する
              クリタエイムデリカ
              栗田美和子