【アーカイブ】社長ブログ

義烏の市場

カテゴリ:私・思うこと 執筆:k-miwako 2011-08-22 19:36
義烏は日本の100円ショップを支える市場です
小売りはしないと言われる中で少し高めでいいからとばら売りで何点はゼ

のみなさんと一緒に購入しました。
それでも日本で購入する1/10です。
日本でインターネットで購入して1000円以上にるものが高くしか売れないと言われて購入した価格が10元(日本円で120円)
ちょっといいなあとおもったものも10元
または1つ1元なもありました。
仕事上会社で使用する部品を一度入れてみたいと思いました

市場自体は夏休みであり、小さな家族商店の集まりで至る所に子供たちが
遊び、食事をする市場でした

何もないなかからの活力をどこか感じる市場です。
ブランド品のカバンなども公然と売られてブランドを掲げています
有り得ない。偽物です
これが当たり前に中国
そうではなく、これがブランド商品だと思っている中国人もたくさんいる
のかもしれません

帰りのバスにブランド品を売るオジサン、5個日本で1000円、これは誰が
みても偽物とわかるビトンでした
もしかしたらkの伯父さんは本物と思っているかもしれませんね
それが現状の中国なのかも知れません
              調理麺と惣菜を創造する
              クリタエイムデリカ   
              栗田美和子

義烏の市場で購入した放射能検査器

カテゴリ:私・思うこと 執筆:k-miwako 2011-08-22 19:23
今回の私の目的であった。中国 義烏(イーウー)は想像以上のマーケッ
トでした。最初に訪問したのが日本人でここの商品を日本に輸出する会社
を設立した沢田社長です
日本人にもこのような方がいることにびっくりでした
ゼミの方と一緒に懐中電灯を依頼し、合わせて一機からでもいいといわれ
た放射能検査器を1台依頼しました
今、社内には長く待って届いた放射能検査器が1台あります
これからの日本の食を思った時に台数が必要と思います
現状の価格帯のものを複数で揃えるのは難しいと思っていた中、約2万円
で購入可能といわれ試に1台を購入に現状の日本製との比較対象をしてみ
ようと思い依頼しました。9月初旬には届きますので試して良ければ台数
を増やしていきたいと思います

                調理麺と惣菜を創造する
                クリタエイムデリカ
                栗田美和子

中国高速鉄道

カテゴリ:私・思うこと 執筆:k-miwako 2011-08-22 19:15
今回のゼミ研修は上海から義烏市に移動にこの間事故を起こした高速鉄道
でした。
上海の高速鉄道のロービーは航空機のロービーと変わらぬ環境でした。
チケットにはQRコード、パスポートナンバーが入りしっかりコントロー
ルしているように感じました。
社内での検札はありません。
外見は日本の新幹線と変わりません。しかし、中の環境は違い、自動ド
アーは手動で、グリーン席との間にはドアに鍵がかけられていました
社内販売は魅力のない販売方法で顧客を喜ばすことが何もありませんでし


帰りも新幹線でしたが地方の新幹線駅は上海とまったく違い格差の大きさ
に驚くばかりです
どう見ても、日本の1960年代駅でした。
列車も日本でいうとこだまで各駅にとまり、時間調整が入りました。
この本数でどうして事故が発生したのか?
などと思う列車でした。
日本の新幹線より良いところ、定期的にゴミの回収に来てくれるところ
でしょうか
社内販売環境は悪く旅を楽しみ移動する交通機関ではありませんでした
           調理麺と惣菜を創造する
           クリタエイムデリカ
           栗田美和子


             

上海汽車博物館

カテゴリ:私・思うこと 執筆:k-miwako 2011-08-22 19:03
先週は法政大学院坂本光司先生のゼミの研修に参加させていただきまし
た。
最初に訪問した会社は上海から南通方面に走った上海汽車でした。
上海汽車は日産などの自動車産業だけで街を構成された中にあり、併設
で上海汽車博物館がありました。
中国語で汽車は自動車のことになります。
今回は中国の電気自動車の開発状況見学だったのですが、充電装置がほ
とんどない状況で、この施設内のテスト走行のみが実態のように思い
ました
 ただ2030年の上海の交通をイメージしたDVDを拝見しました。北京オ
リンピック、上海万博などを建設状況を思うと2030年にできるかも知れ
ないと思う中国の力強さを感じました。

この実施には上海の緩和されない渋滞も影響していると思います。
渋滞での運転は日本人で真似ができる人が少ないと思います

最初に中国に来たお時の高速道路の運転走行に驚いたことに等しいわり
こみ運転とクラクションでした。
これを解決するエリアが上海にできる可能性があると思います

               調理麺と惣菜を創造する
               クリタエイムデリカ
                栗田美和子

横須賀美術館 アクアパッツア

カテゴリ:私・思うこと 執筆:k-miwako 2011-08-22 18:36
友人に誘われて横須賀美術館のアクアパッツアで食事会を開きました。
横須賀美術館中よりアクアパッツアで食事をしたり並んでいる方が多いの
ではないかと思う混雑です。
今回は仲良しの友人だけではなく、横浜の亡くなられた藤代商店(青果
業)の藤代社長を偲んで、藤代社長のつながりで知り合ったネットワー
クが集まりました。

アクアパッツアは価格の割にはお得感のあるお食事だったかとは思いま
す。
ちょっとメインディッシュにもう一工夫があればと思いました
日高シェフを思うと少し不満足が残りました

久しぶりにお目にかかった日本オリーブの相談役の服部さんのお元気な姿
は年の取り方を何か自分にテーマを与えなければ、こんな風に年齢を取り
たいと思いました。
今回は戦時中に学生だったときのことを本に残したいとの夢を語られ、原
稿をまとめていることも伺いました。テーマは「自動車部」

おみやげにスペインの自社農園で作られた美味しいオリーブオイルをいた
だきました。

今はランとハーブなの栽培に力を注いでいらしゃるようです。
次回はなにか珍しいランを持ってご自宅を伺いたいと思います

                調理麺と惣菜を創造する
                 クリタエイムデリカ
                  栗田美和子

海外進出勉強会の立ち上げ案内

カテゴリ:私・思うこと 執筆:k-miwako 2011-08-12 17:44
最近は海外進出に向けての勉強会の立ち上げが多く入ります
今日も1つありました
埼玉県でも上海に海外への支援センターを設置しています。

円高が続いています。
当社のように消費期限の短いものは国内生産しかありません
しかし、今回の放射能でまた、海外に原材料が移動します。
当社の前工程が海外になっていくでしょう

工場が国内になくなり、雇用がなくなっていきます

秋田の半導体工場が海外に出たために工場活用と雇用確保のために
食品製造を行いたいと活動していると聞きました

いつか国内で働くところがなくなってしないますね

                 調理麺と惣菜を創造する
                 クリタエイムデリカ
                 栗田美和子

食品の放射能

カテゴリ:会社・経営 執筆:k-miwako 2011-08-11 20:10
今日は、当社の協力をいただいている企業と今後の放射能検査の在り方
を打ち合わせしました。
現状は毎日、入荷した生野菜の放射能γを計測し安全の確認をしています。
安全性の高い機械と思い、日本製の機械を購入しまいした。

自主検査と外注検査をどのように継続させるか

協力会社さんではイギリス製の機械を多額の費用を捻出して購入したこと
まずは、お互いにどのようにその機械と当社の機械との組み合わせで実
施するか検討に入ります
協力会社の機械は精密期なので一日に8検体が検査限界だそうです。
費用の折り合い前の状況です。

しかし、環境確認の強い味方が増えた思いです。

               調理麺と惣菜を創造する
               クリタエイムデリカ
               栗田美和子

サイタマレディーストップセミナー

カテゴリ:会社・経営 執筆:k-miwako 2011-08-11 20:02
サイタマレディース経営者クラブに入会し、事業委員会の担当をしてい
ます。今回はセミナーで東京中小企業家同友会の会員企業の吉村紙業の
橋本社長に講師を依頼しました。
静岡のセミナーで話を伺い、経営者としての切り口、今後の会社運営の
切り口として学ぶところが多々ありました
目からうろこのゆおな感動を覚え、ぜひ、多くの経営者に聞いていただ
きたく、お願いしてサイタマレディース経営者クラブとしておよびしま
した。

多くの方々に聞いていただき、「明日のめし」つくりを一緒に考えられ
るといいと思います

セミナーの仔細   http://s-ladies.com/general.html

                 調理麺と惣菜を創造する
                 クリタエイムデリカ
                 栗田美和子

伯父の死

カテゴリ:私・思うこと 執筆:k-miwako 2011-08-09 12:14
先週末に田舎の伯父が亡くなり見送りいたしました
96歳 大往生です。
戦争に行き、戦後に小さなお豆腐やさんを稼業とし働き続けた伯父でした

伯母を先に見送り、古い家に一人で住んでいましたが、昨年より、転倒し
たけがが原因で病院に入っていました。
眠るようになくなりました。

厳格な伯父ではなく、どこか笑える伯父でした。
何を言っているかわからない不思議な伯父でした

戦後の祖母の行く末を一番按じた人だったように思います。

子供がないので伯父の兄弟の見送りです。

この見送りで私も30年ぶりに従弟に会うことになりました
人に死にはそんな役割もあるのかもしれませんね

             調理麺と惣菜を創造する
             クリタエイムデリカ
             栗田美和子          

高齢社 上田会長

カテゴリ:私・思うこと 執筆:k-miwako 2011-08-09 12:01
昨日は高齢社上田会長に久しぶりにお目にかかりお食事をご一緒しました。
上田会長は愛称ジュリーです。名前を上田研二といいます。
会長に講演いただくときに私が司会で沢田研二と言い間違えたことがきっ
かけでジュリーになりました。
上田会長に教えて頂いたことから当社定年退職者との取り組みが始まって
います。会長に会社から出す従業員は粗大ごみではなく産業廃棄物になる
会社が有効な場をつくれば人材になる
とご指摘いただき、当社でできること、当社の理念との協調性のあること
と模索しています。
昨日は途中経過などを報告させていただきました。
高齢社さんは60歳以上の会社です。しかし、若い新入社員が新卒で今年入
社していました。
新しいビルに移動なさっていました。震災前に引っ越しを考えていたそう
ですが、震災でビル管理者から建物の耐震性に問題があるので
引っ越ししてほしいといわれ急な引っ越しになったそうです。

上田会長はパーキンソン病です。少しずつ進行します。
しかし、昨日お目にかかった上田会長は前より元気になったように感じら
れました。              調理麺と惣菜を創造する
                   クリタエイムデリカ
                   栗田美和子

陸前高田から石巻

カテゴリ:私・思うこと 執筆:k-miwako 2011-08-05 10:37
昨日より東北に来ています
目的は石巻専修大学での求人です
今、大学構内で教室を借りて試験の実施をしています。

さて、昨日は陸前高田によりいろいろとお話しを聞いたりお世話になった
かたと尋ねました。
一番感じたことは陸前高田は復興の足音がしています
しかし、課題は多々発生しています

瓦礫は殆ど撤去され広いスペースに土ほこりが舞っています
雇用をとの声で
隣町の方が海のすぐそばの土地に工場を建てていました
しかし、次回津波があったらまた流されるところです
隣の津波被害を受けたままの工場の2階には壁のない向うに海が見えます
二階になぜか1台だけスチーム釜が残っています
ビス止めしてあったのでしょうか

鮭が戻ってくる秋を目指しての工事です
いくらの処理工場だそうです
電柱立て鉄骨を組んでいます
その工事を多くのかもめが見ている風景が不思議でした

また、崩壊したローソンが昨日オープンでした
同じ場所に看板を上げていました
何もない土色の中ですが・・・・
しかし、すぐ隣接にスーパーが同時にオープンしていて、まだ、町の都市
開発が決まらないのに特定者に
許可をしたと問題になっているようです

陸前高田から石巻まで南三陸町を通ってきました
陸前高田の津波被害と比べれば被害は少ないように思いましたが、復興の
兆しがなく瓦礫が積まれている
(除けられている)
鉄道に瓦礫が乗ったままのところもありました
復興を感じない原因は住民がいないところです
全滅に近い状態だったのでしょう
人の気配がないのです
陸前高田は高台に多くの人が住んでいますが、
南三陸町は海辺だけの町だったようです

山側の人の少数が生き残ったようです

石巻は町にいる分には瓦礫の選別された山しか目に入りません
まだ海辺には行っていないので
しかし、大学構内にテントを張ってボランティアの学生が全国から集まっ
ています

同友会で話のでる
陸前高田の自動車教習所も行ってきました
ここには100人の宿泊設備を持っています。
宿泊可能で食事も出来るそうです。
この教習所の3m上にある友人のシェリーヌ(本社秩父)も寄ってきまし

高台なので被害もなく、避難所としての役目も終了し、何事もなかったよ
うな風景でした

しかし、教習所には野菜が届られ分別していました。

前回お世話になった及川設計事務所はに間借りした若い社長に出会いました。
タクシー5台で営業する高田タクシーです
ご両親が無くなり事業継承したそうです
事務所が出来るまで、畑が駐車場、事務所の隅に無線機を置き営業してい
ます

予定表は墓地とお寺への送迎依頼が多く記載されていました

今度は15mの防波堤を作るそうです
海の見える海岸とおりではなくなりますね

今月末に陸前高田市の参与になられたワタミの渡辺さんの1000人イベ
ントがあるとか
町にとって良いことでしょうか

確かに売上が必要です
しかし、何も生産が出来ていない町は何を売るのでしょうか
宿泊はどこに

などと考えてしまいます

                   調理麺と惣菜を創造する
                   クリタエイムデリカ
                   栗田美和子