【アーカイブ】社長ブログ

妻家房 呉社長の言葉

カテゴリ:私・思うこと 執筆:k-miwako 2011-07-28 20:14
お客様が満足する食材でなければいけない

8月にTOKYO 妻家房の2号店をソウルに、そして来年の東京スカイツ
リーの完成でその中にも出店する呉社長です。
呉社長とは2002年のサッカーのワールドカップメニューの開発が出会い
でした。
この時には本店の新宿101 そしてデパートのフードコートが2から3店舗
ぐらいの時の出会いでした
今は日本国内は九州、大阪、名古屋、水戸、横浜、東京都内、錦糸町、日
本橋、銀座、自由ヶ丘、新宿、などなど、今度は新静岡にも出します
25店舗ぐらいになったでしょうか

そんな呉社長に食材の美味しさは決して妥協してはいけない
真実な言葉を聞かせていただきました。

来月は友人との納涼会をお世話になります


                調理麺と惣菜を創造する
                クリタエイムデリカ
                栗田美和子

新成堂 社長 新関さん

カテゴリ:私・思うこと 執筆:k-miwako 2011-07-28 20:02
これで、何か縁があり、3度お目にかかった新成堂の 新関社長は不思議
な人です。
私が今まで出会ってきた社長たちと何か違います

何か学生時代のゼミナールの仲間のような乗りです。
学生時代はゼミの仲間で車に乗り合わせ、伊豆に何度か出かけ、ワヤ
ワヤと騒いだことがあります。
今回は久里浜の新関さんのクルーとバーベキューに誘われ、8人ほどが
集まりました。
残念ながらクルーがエンジンが調子悪い上に台風の影響で出航を取りやめ
新関さんが経営する焼肉レストランから届いたお肉と集まった方々が途中
で購入してきた新鮮な三浦野菜のバーベキューでした

そして、売りに出ていたクルー2艇の見学をさせていただきました
新関さんは不思議な魅力な人ですが、集まった人はそれぞれ経営に携わる
人でした。
特に神奈川で病院のモールを経営する女性社長は私と似たものを感じる
人でいろいろなお話をさせていただきました。
彼女にはどこかでまたお目にかかるように思います

新関さんの車はよくわからない車でいたが80kを通常の車両の40kぐら
いにしか感じない不思議な車でした。


               調理麺と惣菜を創造する
               クリタエイムデリカ
                  栗田美和子

キーナス 橘社長

カテゴリ:私・思うこと 執筆:k-miwako 2011-07-28 19:45
毎年の経営理念成文化セミナーの研修が始まる前のセミナーがありまし
た。今年の事例発表は広沢電気の天野さん、そして昨年サポーターをさ
せていただいたキーナスの橘さんです。橘さんの独自性はうらやましく
なるものです。
発表も経営理念を成文化したことにより、大きな会社の
変化を報告いただきました。事業ドメインに独自性のある強さに関心す
るばかりです
どこに当社の独自性があるかさらに探さなければ見思う
橘さんのはなしを聞きながらの自分への問いかけでした。                  調理麺そ惣菜を創造する
      クリタエイムデリカ
      栗田美和子

アグリフードEXPO東京2011

カテゴリ:会社・経営 執筆:k-miwako 2011-07-28 18:57
来週の火曜日は昨年に続き、アグリフードEXPO東京2011に商談者として参加します。
前回は当社のお料理コンサルタント会社の先生にも一緒に着席いただきましたが今年は当社だけで商談をしようと思っています。
昨年よりクリタらしさをしっかり出して行けるようもなれるのではと思っています。
大きな台所のクリタとしては何もないかも知れない
しかし、何か他者にできないクリタらしさが出てくるような気がします。

短い時間ですが開発と一緒に座りたいと思います。

                   調理麺と惣菜を創造する
                   クリタエイムデリカ
                   栗田美和子
                           

工場の改築工事終了が間近

カテゴリ:会社・経営 執筆:k-miwako 2011-07-22 21:14
今月中に1つの工程を残し工場の改築工事がほぼ終了します。
現場監督も次の現場に移動のあいさつにお見えになりました。

来週に設計事務所さんと一緒に再度問題点の把握を実施する予定です。
私の読み込みの甘さが出た部署も何カ所か発生しています。

運営できるような改善をしたいと思っています。

今、問題の残るところをどのように改善するか頭の痛いテーマです。

しかし、当社には優れた工務が3名もいます
何かできるはずです
一緒に考えたいと思います

                調理麺と惣菜を創造する
                クリタエイムデリカ
                栗田美和子

菓匠 右門 社長町田さん

カテゴリ:私・思うこと 執筆:k-miwako 2011-07-22 21:08
私は年に1回同友会のセミナーに参加し、当社の経営理念を再度見つめな
おししています。
今年も8月から始まります。
今年は後継者と管理職社員を当社からの参加させます

プラス同じ食品業界の川越 菓匠 右門の町田社長をお誘いしました
食品工場は他の業種より変化が速いように思っています。

そんな町田社長と一緒に食品工場をよい会社にするをテーマに経営理念の
勉強をしたいと思います。

                   調理麺と惣菜を創造する
                   クリタエイムデリカ
                   栗田美和子

生産の落ち着き

カテゴリ:会社・経営 執筆:k-miwako 2011-07-22 21:02
台風の影響で予想以上に生産数が安定しました。
増える一方の時は何も相談できなかった生産部社員に笑顔が戻ってきています。
社員は笑顔がいいですね
そんな社員に早速相談
ライン応援で気づいたこと

当社の社員たちには知識をつけて知恵出す集団になってほしいと思います。

しかし、まだまだ、改善余地の残る企業です。

                   調理麺と惣菜を創造する
                   クリタエイムデリカ
                   栗田美和子

冬瓜のスープ

カテゴリ:私・思うこと 執筆:k-miwako 2011-07-16 22:46
今週初めに夏の中華料理を食べに行きました。
大きな冬瓜1個をくりぬき中にかに、海老、カエルなどの入った夏の体調
を整えるスープです。
冬瓜の外には文字を彫刻し、おもてなし料理としては最高のお料理です。

今回の食材はカエル、ワニ(オーストラリア産)、小さなくらげ、が特別
なものでした。
ワニは2度目ですが、あまり大きな感動を感じませんでした。

今回の感動料理1番はこの冬瓜のスープでした。


                  調理麺と惣菜を創造する
                  クリタエイムデリカ
                  栗田美和子
 

生産過多

カテゴリ:会社・経営 執筆:k-miwako 2011-07-16 22:38
今期は前年以上に異常気温が続いています。
昨年の反省から対応をいろいろ実施しました。しかし、その対応を上回る
状況になりました。
しかし、よく、対応している生産部です。
私自身の予定はすべてキャンセルをさせていただきました。
お見舞いの時間を私に合わせていただいたのにすいません。
約束の時間に製造応援が終了していまいました。
今の時間は微力ながら、電話番です。
電話の取次ぎのむずかしさを感じています。

まだ、何等かのテコ入れを考えなければなりません。
トラブルを出しながらの生産になってしまいました。
来週の週末に向けての対応を考えたいと思います。

                 調理麺と惣菜を創造する
                 クリタエイムデリカ
                 栗田美和子

朝日新聞の取材

カテゴリ:会社・経営 執筆:k-miwako 2011-07-15 12:30
昨日は500kw以上の電力使用制限を対処している企業の取材をしたいとの
ことで朝日新聞社の取材を受けました。
話しながら、この4月からの取り組みを振り返りました。

15%削減をクリアしながらの最大生産です。
色々な工夫が進んだおかげだと思います。

昨日は嬉しい報告を管理職からもらいました。
今期入社社員の仕事ぶりを嬉しいそうに報告受けました。
管理職の喜び以上に私も嬉しい報告でした

朝日新聞さんに話しながら、最後に思ったこと。

工場があり、生産を心配できることが幸せです
工場が流されてしまったらそんなことも心配できないのですから。

                 調理麺と惣菜を創造する
                 クリタエイムデリカ
                 栗田美和子

今まで最高の生産量

カテゴリ:会社・経営 執筆:k-miwako 2011-07-15 12:23
昨日は今まで最高の生産量になりました。
よく、製造できていると思う日々が続いています。

昨年の夏、暑い日が続き、従業員にもお客様にもご迷惑をおかけしました
その反省から9月から従業員と共にいろいろな取り組みを実施しました。
その成果の上になりたっている製造数だと思います。

多々トラブルは発生していますが、従業員の力で継続生産が進んでいます。
当社の若手がいいです。
昨年の年末で計画生産を若手社員と取り組みました。この計画に参加した
メンバーの成長を感じます。
20代の若い力強さを感じる日々です。

                   調理麺と惣菜を創造する
                   クリタエイムデリカ
                   栗田美和子