【アーカイブ】社長ブログ

タイ osotpaの企業訪問

カテゴリ:会社・経営 執筆:k-miwako 2011-02-26 09:13
タイの企業訪問に業界の仲間と来ています。
冷凍倉庫(タイで3位の保管量)、食品製造工場、大正製薬協力工
場(osotpa)の3企業を訪問しました。
冷凍工場ではゆっったりとした時間が流れていて労働的環境をかんじ
ませんでした。それに対して食品工場はカトキチの海外工場と同じ感
覚のする工場でした。大正製薬の協力工場は1ライン7名ほどで製造で
きる
オートメション企業です。タイの労働者の月収は7000バーツ(約2万
ぐらい)です。しかし、食品工場の労働者の70%がミャンマー人、大
正製薬協力工場は100%がタイ人でした。
食品工場はHACCPをミャンマー人も含めて実施していました。たぶん
、大正製薬協力工場もHACCPの工場と思われます。掲示板にはQCサー
クルの内容と思われる掲示がなされていました。
日本の中小企業事情と類似する仕事に対する働く人たちの考え方を感
じました。
働く企業に誇りが持てるかどうか
誇りとはどんな時に思うか
ここが社員との共有する企業つくりのキーと思う訪問でした

                  調理麺と惣菜を創造する
                  クリタエイムデリカ
                  栗田美和子

大里綜合管理 野老社長と再会を振り返りました。

カテゴリ:私・思うこと 執筆:k-miwako 2011-02-17 15:39
大里総合管理企業訪問を終えて
                         
 大里総合管理さんへの企業訪問は5回目か6回目になります。伺う度
に感動と反省を繰り返しています。今回は都合で美味しいお昼を見る
ことも出来ないまま帰社しました。企業訪問は良いと思ったことは真
似を取り組むことが大切と思います。訪問するたびに社員と話し合っ
たり、こんなことやりたいと真似をしてきました。大里さんは私の企
業訪問経験で一番回数の多い企業です。それでも、毎回、新しい発見
と感動があります。それを引き出す野老社長にもう少し近づける経営
者になりたいと思いました。
○\

新卒入社者との研修

カテゴリ:会社・経営 執筆:k-miwako 2011-02-12 15:09
この2週間で4月から入社予定者と当社先輩社員が一緒に年末の反省から
の研修を行いました。
年末は個人差がありましたが、先輩社員一人一人が100%できたものでは
ありませんでした。しかし、一昨年よりは進歩のあたものでした。
そんな先輩社員が上司とともに反省し、次期にはどうしたらよいかを
話し合った結果を踏まえ、入社予定者と特性要因図に発生原因を書き
入れながら話しあいました。
今回の研修は入社予定者より先輩社員に大きな成果があってほしいと
願うものでした。
次回は3月29日が最終研修になります。

この日には配属と1年間の先輩社員の発表をしたいと思います。

          調理麺と惣菜を創造する
          クリタエイムデリカ
          栗田美和子      

大里綜合管理 野老社長

カテゴリ:会社・経営 執筆:k-miwako 2011-02-12 14:51
今週は千葉の大網にある大里総合管理さんに他の経営者と訪問しました。
昨年も何度か訪問しているのですが、ここは訪問するたびに驚くことが
あります。今回もありました。
第一に社員の地域ボランティア、1社員1貢献がバージョンアップして
おたのです。
「一住民一貢献」です。
企業が地域の人たち住民が貢献することを企業方針に入れているので
です。
企画として150ほどの企画があります。この中にすべての地域住民に貢献
をしてらいたい。こんな目標を掲げたのです。
第二にメガネのパリさんの社員研修を受け入れていたのです。
約10人ぐらいが管理している建物に合宿して大里さんの事業に参加し
研修しているのです。
うなる行動力です。
企業人として身近に尊敬する社長です。

彼女と違う何かを持ちたい
彼女の会社の従業員とはひとつことなる何かを持ちたい
そんな思いを深く持つ、企業訪問でした。


                 調理麺と惣菜を創造する

                 クリタエイムデリカ

                 栗田美和子

植物工場野菜について

カテゴリ:会社・経営 執筆:k-miwako 2011-02-10 14:52
植物工場野菜の勉強会に参加しました。
人口光植物工場と太陽光植物工場の違いを改めて知りました。
科学的コントロールが進んでいます。
高齢者社会の農業への移行する日本紹介情勢を踏まえて開発されています。
2015年を目安に大きな転機が訪れるそうです。
私たち惣菜工場もどのような原材料としての野菜を創造するか課題の
大きなものを感じます。

今後の食糧事情を改めて感じるものでした。

               調理麺と惣菜を創造する
               クリタエイムデリカ
               栗田美和子

西新井大師のせんべいやさん

カテゴリ:私・思うこと 執筆:k-miwako 2011-02-08 11:58
仲良しの友人とまた、西新井大師に初詣しました。
2月に入り境内の梅と寒桜が冷たい風に春のおとずれを感じさせていました。
ここでハプニング発生、古いおせんべいやさんで友人がこの後会う友人
たちにおみやげにおせんべいを注文しました
いろいろ混ぜて2枚づつ袋に入れる

適当に混ぜれない、はっきりどれどれと言ってくれ
こちらで適当に混ぜるから小袋をください
それはできない
密閉しないと他のせんべいやさんのものを入れられても困る
大人ならわかるでしょう
?????????????
友人は怒ってしまいました。

私は210円のせんべいを1枚づつ5袋にしてください
と頼むとビニールでいいですか・・・????

参道のはずれにあり、男性のご家族が一生懸命焼いているので
なんとか顧客が購入していますが
他のお店と違い、少しづつ活性化しようと参道の商店街が努力している
姿を感じるものでしたが・・・
この店にテコ入れがまったくないわけ、
この女性だなあ

きっとこのままでは顧客から見放されるお店と思いました。

                調理麺と惣菜を創造する
                クリタエイムデリカ
                栗田美和子

タイ

カテゴリ:私・思うこと 執筆:k-miwako 2011-02-08 11:46
今回のタイで初めて食べたものが2つあります。
? 南タイのカレー
  これは辛い・・・・魚や、肉の内臓などのカレーです。
  カレー一皿30バーツ(90円)ライス:タイ米の長粒です。10バー
  ツ。生野菜はサービス(毒だみの葉など)とにかく辛い食事です。
  タイの国道沿いにある屋台のカレーです。

? タイのわたあめ
  これも国道沿いにたくさんの屋台が店を出しています。
  着色料バッチリの色のわたあめが春雨状に空気たっぷりの袋の中に
  入っています。それを甘いクレープで巻いて食べるのです。
  これは日本でも売れるかも
  これも1袋30バーツ
  通過した地域の特徴あるおやつでした

短時間のタイだったので、今までにない食べ物に出会いがありました

             調理麺と惣菜を創造する
             クリタエイムデリカ
             栗田美和子

バンコック

カテゴリ:会社・経営 執筆:k-miwako 2011-02-06 22:30
2月2日深夜に羽田からバンコクに向かい飛行機に乗り、翌日2時間時
差のあるバンコクに朝6時に到着、朝7時半にバンコク郊外にあるかき
揚げ委託工場に行き、その後、それぞれ約1時間半ぐらいづつ離れた野
菜委託工場2社に行き、再度、また、1時間半をかけて戻り、再度工場中の確認、食事開始が21時、日本時間では23時です。
やっとホテルについて、朝6時にホテル出発、8時半にはバンコクから日本に向けて飛行機に乗る旅でした。

今回の工場確認で思い出したこと、何事にも現地確認が重要なことだと
報告の受けた内容と現地の違いがあり、対応すべきことが違っていました。

工場の商品は多くの人が関わり作られます。いろいろな問題の発生する
可能性が多々あり、食品製造のコントロールはあらゆる点について、確認をしなければいけないものだと思いました。

                調理麺と惣菜を創造する
                クリタエイムデリカ
                栗田美和子

まちづくりカンパニー 西郷真理子氏

カテゴリ:社会・経済 執筆:k-miwako 2011-02-01 16:43
加盟している団体でまちづくりカンパニーの西郷真理子さんの講演でした

前回伺ったお話より西郷さんが手がけた川越のある地域とのことで、お話に女性がかかわることの重要性を多く伺いました。
2年前のお話とは違い、地域の女性とたくさんのかかわりをなさっていて
今回のほうが楽しい事例をたくさん伺いました。

前は10年かかったまちづくりが3年でできるそうです。

地元を再度見つめなおしてみたいと思います。

                麺とデリカを創造する
                クリタエイムデリカ
                栗田美和子