未来戦略

経営方針

第47期経営方針

平成26年4月1日
代表取締役社長 栗田 美和子

第46期は従業員各位と色々な取り組みの結果、上期が天候不順で売上と経常利益が目標未達で折り返しましたが、売上高は45期に対して99.5%でしたが、経常利益は45期の160.5%になりました。

今期は前期より改善出来ると確信し、売上予算102%、経常利益目標を売上の3%を目指します。決算賞与は経常利益の30%と致し、8勝3敗1引き分けを達成します。その為に秋冬を中心としたクリタブランド確立を更に強化します。

経常基盤の人財育成を進めていくために、今期は昇格者10名とパートナーリーダー制導入を行い、良い会社つくりを進めます。各部ごとに人財育成強化を行い、社員+準社員との共育に取り組みます。

ここ数年取り組んできた人事評価制度の見直しを実施します。何をすれば評価されるかを明らかにしていきます。更に、賃金体系を人事評価制度に連動し従業員が自分の成長目標を持てるようにしていきたいと思います。それにより、全ての従業員はクリタエイムデリカを好きになり、この会社で仕事することが生きがいになって欲しいと思います。それが、地域で働きたい会社になることにつながります。

クリタエイムデリカビジョン『食から新しいコミュニティを創る』とミッション『身近で笑顔あふれる豊かな食卓提供』の実現のために、重要成功要因は3つのテーマを持って作成しました。
① 地域で働きたい会社になる
② 売上増大ではなく利益額の増大と利益率のアップを図る
③ 人財育成(中堅リーダー育成・経営理念と行動規範にあった共育制度)

人事評価制度と賃金体系と成長体系と成長シートの連動確立

今期は社会情勢から2つのジ重点課題に全社で取り組みをしなければなりません。
① 平成25年秋より受ける円安影響を商品販売に出ない準備と対応
② 平成26年4月よりの消費税3%アップ後の経常利益維持への対応

上記の戦略と課題を実行する基本姿勢として、お互いを尊重し、お互いに感謝し、出来事に自重を持って考えることが大切と思います。従業員の皆さんのお陰様で弊社はご来社のお客様に挨拶でお褒めの言葉を多く頂きます。日々の出来事に自責を持ち他責にせず問題点を見出し、改善出来る人財に成長しましょう。更に挨拶から感謝の「ありがとう」のあふれる会社になり、従業員のみなさん心からクリタエイムデリカに入って良かったと思う会社『誇りの持てる会社』になりたいと思います。

弊社には2009年設立した企業内保育室『くりたのんな』があり、女性が継続就業できる環境を整えています。今後は定年後も長く一緒に働ける会社つくりを別業態で進め実現して行きたいと思います。

今期も更に会社の在り方を常に考え常に変革を行い続けます。それにより中食においてクリタエイムブランドがなくてはならない商品となり、中食でクリタエイムデリカはなくてはならない会社になります。それが『食から新しいコミュニティを創る』ビジョンの会社となると思います。

以上