沿革

沿  革

昭和23年 9月 埼玉県草加市瀬崎町にて、栗田秀二 創業
昭和35年11月 有限会社 栗田製麺所 設立
昭和37年 1月 埼玉県越谷市大沢に新工場建築移転
その後、学校給食の供給開始
昭和39年 8月 資本金600万円に増資
昭和42年 7月 株式会社 栗田製麺所 設立
資本金 500万円
昭和46年 5月 資本金1,000万円に増資
昭和46年12月 新工場完成
昭和50年 8月 資本金2,000万円に増資
昭和53年 5月 資本金4,000万円に増資
平成元年 9月 栗田晴己 代表取締役 就任
平成 5年 5月 設備投資を実施、ボイラー室新設
デリカ室新設 冷蔵庫増設を図り
生産体制の増強とデリバリー体制強化
平成 5年 6月 資本金9,000万円に増資
平成 6年 9月 株式会社クリタエイムデリカに社名変更
グローバルな事業展開を目指して「デリカ」を社名に刻む
平成 6年12月 新物流冷蔵庫完成
平成 9年 6月 調理麺室改造(日産10万食対応)
平成10年 3月 生スパゲッティ-(イタリア製)製造機導入
平成10年 4月 トッピング室を低温作業室(摂氏15度)に改良
平成10年 5月 物流冷蔵庫拡張
平成10年 6月 焼きそば・湯かけラーメン兼用機械導入
スパゲティー自動茹釜導入
平成10年 9月 創立50周年記念式典(於:上野 東天紅)
平成13年 4月 冷蔵庫新設
平成14年 5月 新冷却水機導入
平成14年 8月 新麺自動茹上装置導入
平成16年10月 生肉処理室新設
平成18年 9月 ボイラー室新設(重油から天然ガス仕様に変更)
生産工程でのCO2削減や冷蔵庫の機能UPを計りエコ活動の推進を実施
平成19年 3月 営業受注システムの機能UPと効率化を推進してサーバーを中心に
パソコ運用に変更(第1次システム改革スタート)
平成20年 5月 生産効率と工程管理を踏まえ、製造に関するシステム開発を実施し、
資材・ 在庫管理を含めてトータル改革の第2次システム開発に着手
平成20年 9月 創立60周年記念式典(於:大宮 パレスホテル)
平成21年 4月 社内保育室くりたのんな開設
平成21年12月 新冷蔵庫棟着工
平成22年10月 新冷蔵庫棟完成
平成23年 4月 構内改装(工場入退場設備・資在庫・トイレ・更衣室)
平成23年 5月 旧工場資材搬入口・出荷口シェルター設備の改装
平成24年 4月 組織変更
 代表取締役 社長 栗田 美和子
 代表取締役 会長 栗田 晴己 就任
平成24年 7月 経営革新計画 承認
平成24年 7月 埼玉県『多様な働き方実施企業・プラチナ』設定
平成24年 9月 埼玉県『彩の国工場』指定
平成25年 1月 厚生労働省認定『くるみんマーク』収得
平成25年 2月 埼玉県『彩の国 経営革新モデル企業』指定
平成25年 4月 環境省『エコアクション21』認定・登録
平成27年 2月 埼玉県『さいたま輝き荻野吟子賞』受賞
平成27年 9月 シェアダイニング『サルーテ』オープン
平成28年 4月 『クリタのんな』越谷市認可保育所へ