RSS FEED

あすチャレアカデミーに参加して

社長ブログ

先週は東京同友会の企画で、2020年東京パラリンピックに向けて周知を目的に日本財団日本パラリンピックサポートセンターが企画するあすチャレアカデミーに参加しました。

あすチャレアカデミーの目的は 「あすチャレアカデミーとは障がい者のリアルを当事者から聞き、学び、一緒に考える。インクルーシブ社会を推進していくためのコミュニケーションセミナーです。今まで聞けなかった、聞いちゃいけないと思っていた障害者のリアルな声こそがこれからの社会を変えていくヒントになります。コミュニケーションで重要なのは想像力を働かせること。本セミナーではその想像力を持つための土台を講師や受講生同士の相互コミュニケーションによって作っていきます。誰もがいきいき過ごせる社会の実現に向けて、人々が気づき、考え行動できるようになる。これが私たちの掲げる明日への挑戦です。」とある。

現状は東京・大阪に限っての開催であるが2018年からはエリア拡大がなされていく。今回はマクドナルド山本恵理さん(パラ・パワーリンフティング選手)がメイン講師で原口淳さん(ブラインドサッカー選手)やそのほか2名の応援講師が入り障がいによっての違いがわかりやすかった。実際、視覚障害の友人がいるが、私の対応は彼にとって不安を作ることであった。どの障がいにも言えることは相手にわかるように名前とは所属(どこどこで働いています)などを明らかにです。何かお困りですか。何かお手伝いしましょうか。と聞くこと。そして、それぞれの障がいに合わせて相手を尊重してお手を貸すことであった。

今回学んだことはインクルーシブな社会とは全ての多様な人々(障がい者もふくめて)が含まれる社会であり、そんな共生な社会をつくることが2020東京に向けて日本国民が選んだ。これは、これからの社会で必要なことであり、まだ日本社会に不足するものが、パラリンピックからつながったあるべき姿の日本の未来像であると思う。

9月に加入するサイタマレディース経営者クラブであすチャレアカデミーを日本財団パラリンピックサポートセンターで実施するので従業員数名と参加し共有化したい。

(株)クリタエイムデリカ 栗田美和子

«